CLUB 496 ROOM

おすすめ注ぎ方講座(496編)

SVBのビール

ブランドアンバサダー中水直伝!496の注ぎ方

こんにちは。スプリングバレーブルワリーのブランドアンバサダー、中水です。こちらのコーナーでは、SVBの直営店やイベントなどで培った、ちょっとした工夫や小技をご案内していきます。皆様のお店でも、お役立ていただけたら幸いです。

 第一弾は、“496の注ぎ方”。「ビールって泡がきれいについてればそれでいいんじゃないの!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも実は、それぞれのビアスタイルに合わせた注ぎ方をすることで、ビールが持つ個性をより引き立たせることができるんです。

まずは、注ぎの動画をご覧ください。

496のタップ・マルシェを使ったおすすめの注ぎ方

496の注ぎ方はできるだけグラスにゆっくりと沿わせてできるだけ泡を立たせず、最後に泡を載せない「泡無注ぎ」がおすすめです。

496は、ビールの味を構成する苦味・甘味・酸味のバランスがとてもよく、ホップ由来の華やかな香りが特徴です。

ビールの泡にはビールの苦味や香りを吸着し、香りを閉じ込めるフタの役割があるのですが、496は上質な苦味や華やかな香りが特徴なので、泡があると特徴である香りが閉じてしまいます。(よかったらよく泡立てた496と比較してみてください。どっちがいいかは好みもあるかもしれませんが、印象が変わることは分かっていただけると思います!)

樽生ビールの世界では当たり前のようにつけられている泡ですが、ビアスタイルに合わせた注ぎ方によっては、泡をつけない方がいいこともあるのです。

同じような考え方で、スプリングバレーブルワリーではIPAを注ぐ時も泡をつけていません。

実はSVBの直営店でも、お客様から「泡がないよ!」と言われることもあるのですが、私たちはそこをチャンスだと考えています。「この注ぎ方が最も496をおいしく飲める注ぎ方なので是非お試しください」とお伝えすることで、この店が注ぎ方までこだわっておいしいビールを提供していることが伝わるような気がしませんか?

是非、一度お試しいただけると嬉しいです!

今後も色々な「技」をお届けしていきますのでご期待ください!

※動画内で使用しているグラスは、下記URLよりお買い求めいただけます。  合わせてご活用ください。http://www.tabletale.biz/shopdetail/001008000011

COMMENT

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付する
ファイルを選択