CLUB 496 ROOM

【新型コロナウイルス関連】業界のトップランナーに聞く!今から始めるテイクアウト

NEWS

新型コロナウイルス対策に関する情報をCLUB 496でもお届けしておりますが、今回は、テイクアウトの最前線でご活躍される方によるインタビューをご紹介します!

●お話を伺ったのはこの方!

menu株式会社 営業責任者 盛川様

menu株式会社様は、テイクアウト・デリバリーアプリ「menu(メニュー)」を展開。
スマホで食べたいメニューを事前注文・決済ができ、あとはお店で受け取る or 配達してもらうだけ!
初期費用・テイクアウト手数料0%で展開中です。

●テイクアウトを始めるための準備・手順は?

①包材などの準備
②テイクアウト用メニューの開発
③店内オペレーションの改修(テイクアウト対応)
上記①~③が一般的な流れ。大量の追加資金や人員は基本的に不要です。

●ズバリ!テイクアウト成功の秘訣は?

①「店頭以外の告知手段」を持つ!
来店して頂いたお客様のみにしかリーチできないと、売上の維持はできても拡大にはつながりにくいです。
アプリやWebを利用することで、「まだ来店したことのないお客様」を積極的に獲得していくことが成功への近道。

②「お店で食べるよりお得」と感じさせる!
「お店で食べるより安い」、「お店では食べられない限定メニュー」などにより、特別感を演出することで、テイクアウトを利用したお客様の満足度を高めることが重要です。

●始める際の注意点は?

容器梱包
テイクアウトでは「お持ち帰り」する際の揺れが必ず生じます。せっかくの美味しい料理もこぼれてしまっては台無しです。
容器の密閉性の確認や、ラップなどを使ったこぼれにくい梱包の確認は必ず行いましょう。

【お客様への注意事項伝達】
生ものなど、時間経過で味や鮮度が急速に落ちるものは、注意が必要です。
お渡しする際にお客様に一言お声がけをしたり、注意書きを同梱しましょう。

店内オペレーションの確認
通常のご来客と並行してテイクアウト対応をすることになるので、追加的な業務が発生します。店内オペレーションを確認しておきましょう。

●テイクアウトに向いている商品は?

時間経過においしさが左右されにくいもの (生ものを使用していないもの等)
単品で食事が完結するもの (定食/セット系)

●反対に、テイクアウトに向いていない商品は?

生ものを使用したもの。 (提供は問題ありませんが、お客様への注意伝達が必須になります)
汁物・ドリンク系 (基本的には包材や梱包でカバーできますが注意が必要)

新規顧客獲得の工夫は?

店頭以外の告知手段(できればWeb系)を持つこと。
そもそも外を出歩く人が減っていますので、街頭で知ってもらう以外の方法で新規顧客にリーチできるとよいです。
弊社アプリ「menu」をはじめとした各種テイクアウトサービスのご導入などもその一助になると思います。

●リピーターを増やすための工夫は?

「店内と同じくらい美味しく食べてもらえるものを提供する」につきます。
リピーター獲得に近道はないので、テイクアウトも店内営業と同じくらいクオリティに妥協せず取り組むことです。

いかがでしたでしょうか?
テイクアウトといっても、ただ持ち帰りができるだけでなく、時間経過を加味しても店内提供と同じくらいのクオリティを目指していくこと、デリバリーと違い「お客様が自分で受け取りに行く」分、お得感の訴求、限定感・特別感の演出などの工夫があると良い、ということですね。

※本インタビューはキリンビール㈱で実施したものです。

下記のページも参考にされてみてください。

テイクアウトに関する参考情報

新型コロナの影響により飲食店の8割が売上減。「テイクアウト」の販促術を徹底リサーチ(Foodist Media)

ヒトサラ「テイクアウト・デリバリーができるお店特集」開始
 新型コロナウイルス拡大の影響を受け、全国の飲食店に無料登録枠を提供

グルメアプリSARAH「#うちで食べよう」キャンペーン

食べログ「テイクアウトができるお店特集」

SaveRestaurant
 地図連動でテイクアウト店舗を紹介するサイト

COMMENT

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付する
ファイルを選択