CLUB 496

CLUB 496 ROOM

季節のペアリング 2020年9月 -秋の魚-

ペアリング

皆さんこんにちは!季節の食材に合わせてペアリングをご紹介していくこちらのコラム、9月のテーマは「秋の魚」です。
おいしいものがいっぱいの食欲の秋。クラフトビールと一緒に秋の味覚をお客様に味わっていただきましょう!

●9月のテーマは…「秋の魚」

秋の味覚の代名詞ともいえるサンマをはじめ、秋に旬を迎える魚は多いです。
一般的な「ピルスナータイプ」のビールでも美味しく味わえますが、和風・洋風の味付けの違いや、調理法に合わせてクラフトビールを選ぶと、さらに楽しみが広がります!
今しか味わえないペアリングを、お客様におすすめしましょう!

今月のポイント

脂の乗った旬の魚は調理法がポイント!
料理の香ばしさや風味を活かすペアリングで


【おすすめペアリング with 秋の魚】

■サンマの塩焼き × MURAKAMI SEVEN IPA

脂の乗ったサンマの旨みがIPAのほどよい苦味とマッチ。焼いたサンマの皮の香ばしさもより引き立つ組み合わせです。
日本産ホップのみかんのような香りも、シンプルな塩焼きによく合います。

■秋鮭のムニエル × on the cloud

秋鮭をハーブ・レモンで味付けしたムニエルには、on the cloudのフルーティーで爽やかな香りがよく合います。
タルタルソースとのバランスも良く、さっぱりと食べられる組み合わせです。

■秋鮭の味噌ホイル焼き × 496

先ほどと同じ秋鮭でも、味噌やバターで香ばしく仕上げた味噌ホイル焼きには496がおすすめです!
ぎゅっと濃縮された鮭の旨み、味噌の香ばしさを496の甘苦さが引き立てます。

■戻りガツオのたたき × Daydream

カツオといえば高知、高知と言えば柚子という連想からのペアリング。
Daydreamは柚子・山椒の風味が特長ですので、合わせていただくと薬味のようなはたらきをしてくれます!

いかがでしょうか?
少し和食が中心のご紹介になってしまいましたが、洋食でも秋の魚を使用されることは多いと思います。ハーブグリルなどは、ホップの香りが華やかな「MURAKAMI SEVEN IPA」「on the cloud」「496」と相性が良いのでぜひお試しください!

●皆さまからのご質問・ご意見募集しています!

今月も季節のペアリングと連動して、「BEER TALK ROOM」で秋の魚とビールのペアリングについてのご質問・ご意見を募集します(9/30まで)!
「こんなメニューを出そうと思うけど、どのビールが合いそう?」などお気軽にご質問いただければと思います。もちろん、こちらのコラムのコメント欄でも構いません!
「BEER TALK ROOM」では写真も投稿できますので、皆様が発見された相性の良いペアリングも教えていただけると嬉しいです。

次回、10月のペアリングテーマは料理からスイーツまで幅広く楽しめる「いも・くり・かぼちゃ」でお届けします。
お楽しみに・・・!