CLUB 496

CLUB 496 ROOM

季節のペアリング 2020年10月 -いも・くり・かぼちゃ-

ペアリング

皆さんこんにちは! 季節の食材に合わせてペアリングをご紹介していくこちらのコラム、10月のテーマは「いも・くり・かぼちゃ」です。
秋の味覚の代表でもありますし、さらに10月はハロウィンもあるのでかぼちゃを使ったお料理やスイーツをよく見かけるようになってきました。クラフトビールとの合わせ方をご紹介していきます!

●10月のテーマは…「いも・くり・かぼちゃ」

秋になると食べたくなる、という方も多いのがいも・くり・かぼちゃ。お食事からスイーツまで、この季節には大活躍の食材です。
「ビールと合わせて」というイメージはないかもしれませんが、甘みや奥深くやさしい味わいのある食材で、特に濃色系ビールとは非常に相性が良いのです。

今月のポイント

いも・くり・かぼちゃのやさしい甘さがポイント!
甘みをしっかり出した味つけには濃色ビール


【おすすめペアリング with いも・くり・かぼちゃ】

■さつまいものレモン煮 × Daydream

レモンと一緒に煮ることでさつまいもの程よい甘さが引き出されます。
ここに柔らかい口当たりのDaydreamを合わせると、口の中で優しく調和します!

■かぼちゃのそぼろあんかけ × 496

かぼちゃの甘味とひき肉のコクのある旨味を、496の芳醇な味わいが引き立て、箸が進みます。
ゆっくりと味わいながら楽しめる組み合わせです。

■かぼちゃのクリームグラタン × Afterdark

秋冬に人気のメニュー。生クリームやチーズと組み合わせることで、より甘みが引き出されたかぼちゃには、黒ビールのコクがぴったりです!
かぼちゃやさつまいもは乳製品と組み合わせる場合はAfterdarkがおすすめです。

■モンブラン × 496

渋皮のついた栗は、甘味の奥にほのかな渋味が。この味わいに496の甘苦さがぴったりです!
洋菓子の他にも、栗蒸しようかんなどの和菓子にもよく合います。

いかがでしょうか?
ご紹介した料理のほかにも栗ごはんなどのご飯ものや、かぼちゃ・さつまいものサラダなどかなり幅広い料理に使える食材ですよね。
甘味のある食材なので、通常のビールよりも甘味がしっかりしているクラフトビールが合わせやすいかと思います。
秋の季節メニューやハロウィンメニューと一緒に、ぜひクラフトビールをおすすめしてみてください♪

次回、11月のペアリングテーマは、こちらも秋の味覚として人気の「きのこ料理」をご紹介します!
お楽しみに・・・♪

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付する
ファイルを選択

Optionally add an image (JPEG only)